tomo3's diary

3度目の正直。石の上にも3年。普通のアラフォー主婦がこつこつと頑張る日記ブログ。

tomo3's diary

知らない人に怒られるということ

もう4年くらい前のこと。

 

バスで見ず知らずのおじさんに突然怒られたことがあります。

 

満員バスで立っていたのですが、大勢の人が降りる時に、私の除け方が甘かったらしく、皆さん降りにくそうにされていたとのこと。

 

「真ん中に立ちやがって。みんな降りれんだろうが」と。

 

 そうはいっても、私は座席と自分の間にまだ小さかった息子を立たせていたし、左右も人でいっぱいだったので、除けるスペースもない中、私なりに精一杯よけたつもりでした。

 

だけど、ご迷惑をかけたのは事実でしょう。

 

オジサンは優先座席に座ってただけのくせに、なんでお前に謝らねばならぬ、と思いつつも、「すみません」と素直に謝りました。

 

だけど終わらなかった。

 

「周りに気を使えんいやらしい女だ」だの

「ずうずうしい女だ」だの

「普段からそうなんだろう」とか、罵詈雑言を吐き続けてきました。

 

周りの空気も嫌~な感じに。

 

子供たちも不安そうにしています。

 

私もさすがに胃がむかむかしてきたころ、

 

おい、お前、次で外に出ろ。話を聞いてやる」と、わが夫。

 

夫が乗っているとは思わなかったのでしょう、おじさんはそれきり黙ってしまいました。

 

まるでスカッとジャパンですね。

 

あんな話、本当にあるんですね。

 

だけどね、スカッとしませんよ、ちっとも。

 

人前で怒られるって、本当に屈辱的で、恥ずかしい。

 

可哀そうに、子供たちはしばらくバスには乗れませんでしたね・・・

  

 

 

この年になると、なかなか人に怒られるってないです。

 

職場で上司や先輩に怒られることはあっても、見ず知らずの人に何かを注意されるということはほとんどない。

 

子供の頃はありましたね。

 

傘を振って歩いてたら通りすがりの人に「危ないやろ!」と怒られたり、電車に急いで乗ろうとして「真ん中から乗るな!」って怒られたり。

 

恥ずかしかったですね。

 

あの時も。

 

だけどそんな思いを二度としたくないから、二度と同じことはやらなかった。

 

周りの人を気にしながら通行する。

 

電車は降りる人が先。端っこから乗る。

 

当たり前のことなんだけど、そうやって、人は、公共の場でのたしなみを身に着けるのかもしれません。

 

そう思うと、叱ってくれた大人には感謝ですね。

 

そのバスのオジサンに関しては、ちょっと酷かったとは思いますが、一つだけ感謝することがあるとすれば、子供たちが電車やバスでのマナーを人一倍気にするようになったことです。

 

「下手をすると、お母さんみたいになってしまう」😂

 

今時の子は、車に乗って目的地に出かけることも多いでしょうから、たまには電車やバスで出かけるのも勉強になっていいかなと思います。

 

大きくなって、恥をかかないでいいように。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

f:id:tomocorin:20200522224525j:plain

<a href="https://pixabay.com/photos/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=1150043">Free-Photos</a>による<a href="https://pixabay.com/ja/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=1150043">Pixabay</a>からの画像